マナー違反してませんか?名刺交換の正しい渡し方や同時交換を学ぼう!

あなたの名刺交換、マナー違反してませんか?
名刺交換は、相手に自分を知ってもらうための大切な第一歩。
ビジネスや就活、趣味の集まりなどで初対面の方と会うときには、まず挨拶と一緒に名刺を交換することから始まります。
この一番初めに行う名刺の受け渡しで、自分の第一印象が決まります。
ここで、ちょっとおかしな交換の仕方をしてしまうと、あなたの印象を悪くしてしまうかもしれません。最悪の場合は、その後の人間関係や大切な取引きを台無しにしてしまうなんてことも…
名刺交換で大切なことは、相手に不快な思いをさせないようにしっかりとマナーを身につけることです。名刺交換のマナーをしっかりとマスターして、スマートに交換することができればあなたの第一印象がグッとアップします。
今回は、学生から社会人まで、名刺を持つ人なら誰もが知っておくべき「名刺交換のマナー」を分かりやすくご紹介します。

マナーその1『渡し方』

名刺交換のマナーその1『渡し方』

①まずは、きちんと対面する

名刺交換は、相手の目の前で向き合って行います。
テーブルをはさんで向き合っているときは、テーブル越しではなく、相手の前まで行って交換します。

②名刺を準備する

相手と対面したら、名刺入れから名刺を取り出します。
このとき、名刺の持ち方のポイントが3つあります。
<名刺の持ち方 -3つのポイント- >

・名刺は両手で持ち、胸の高さにかかげる
・相手から文字が読める向きにする
・指で会社名・名前を隠さないように、名刺の角をもつ

この3つのポイントに注意して、名刺交換を行います。
また、おすすめの持ち方としては、
【名刺入れ】を人差し指と中指の間にはさみ、【名刺】を親指と人差し指の間ではさむと、安定して持つことができます。

③訪問者から名刺を差し出す

名刺交換は、『訪問者(立場が下の人)から交換する』のがマナーです。
会社名と名前をはっきり名乗りながら、頭を下げて渡します。
例 「私、株式会社○○の小林と申します。どうぞよろしくお願いいたします」
このときに最も注意したいのが『視線』です。
よく多くの人がやってしまう間違いが、「視線を自分の名刺にばかり向けて相手とあまり目を合わせないこと」です。
社名や名前は自分が一番分かっているはずなので、名刺に視線を落とす必要はありません。
名刺にばかり目を向けていると「この人は自分と目を合わせたくないのかな」と思われてしまい、自分の印象を悪くしてしまうかもしれません。
そのため、名刺を渡す時には相手の顔をしっかりとみて笑顔で挨拶するようにしましょう。

マナーその2『受け取り方』

名刺交換のマナーその2『受け取り方』

相手の名刺を受け取る

次に、相手から「△△社の林です」と名刺を渡されたら、
「頂戴いたします」と言って、名刺入れの上で両手で受け取り、頭を下げます。
このときも、相手の名刺を見るのではなく、相手の目を見て受け取りましょう。
また、このときに、電話で話したことがない相手なら、「林さまですね。」と名前を確認しながら受け取ると丁寧な印象を与えます。
もらった名刺の基本的な持ち方は、名刺入れの上に置き、両手で胸の高さ、体の中央で持っておきます。
座るときは、まず名刺を机に置いてから座るようにしましょう。

相手の名前の読み方が分からないときは…

相手の名前の読み方がはっきりしない場合はこのタイミングでたずねましょう。
例 「失礼ですが、お名前は何とお読みするのでしょうか?」
後になってから読み方をたずねると失礼に当たります。
逆に、その場ですぐに質問すると、相手は「自分の名刺をしっかり読んでもらえている」と感じて、印象が良くなるでしょう。

マナーその3『同時交換の場合』

名刺交換の人数が多い場合などには『名刺の同時交換』をすることがあります。
同時交換は「お互いが右から差し出す」形になります。
「右側通行」と覚えておきましょう。
<同時交換の流れ>

  • 名刺入れの上に自分の名刺を置いて両手で持つ
  • 自分の名刺は右手で持って差し出し、相手の名刺は左手に持った名刺入れの上で受け取る
  • 受け取ったら丁寧にお辞儀をして、名刺を両手で持つ

 

こうすることで、最初と最後で名刺を両手でもつ形になるので、所作が丁寧にみえます。

マナーその4『複数人で交換する場合』

複数人で交換するときは誰から?

複数人で名刺交換するときは、役職の高い人から順に行うのがマナーです。
くれぐれも部下から先に名刺交換しないよう注意しましょう。
複数対複数の名刺交換では、お互いの上司から交換していきます。
この名刺交換の順番を見ることで、相手側の役職の順位を知ることができます。

あらかじめ人数分の名刺を出しておく

複数人で名刺交換をする場合、その度に名刺を取り出していてはとても時間がかかってしまいます。
そのような複数人での名刺交換の際には、ちょっとしたコツがあります。
<複数人との名刺交換の準備>

  • あらかじめ人数分の名刺を取り出す。
    すぐに人数を把握できなければ多めに取り出しておく。
  • 取り出した名刺は、すぐに出せるように名刺入れの間に挟んでおく。
  • 名刺交換をする度に、1枚ずつ名刺入れの間から取り出す。

 

こうすることで、名刺交換の度に手間取らずに、スムーズに複数人との名刺交換ができます。

複数枚の名刺を受け取った時の持ち方

複数枚の名刺を受け取ったとき、名刺入れの上に重ねて置いていくのはNGです。
役職の高い人から順に名刺交換をするので、次々に重ねてしまうと『目上の人の名刺』の上に『目下の人の名刺』を重ねることになるため失礼にあたります。
では、受け取った複数の名刺をどう持つのかというと、
名刺入れの間に入れて準備している『自分の名刺』の上に置く形で挟みます。
具体的には、以下の手順です。
<複数人との名刺交換時の持ち方>

  • 受け取った名刺は、名刺入れの間に挟んでいる自分の名刺の上に置く。
  • 次に受け取った名刺は、先ほど受け取った名刺と自分の名刺の間に置く
  • これを繰り返す。

 

こうすることで、目上の方の名刺が一番上になり、その下には役職順に並んでいくため、失礼にあたりません。

マナーその5『テーブルへの置き方』

室内で受け取った名刺はすぐにしまわずに、テーブルの上に置いておきます。
テーブルへの置き方は、相手が「1人の場合」と「複数人の場合」に分けて説明します。

相手が『1人』の場合

相手が1人のときは、名刺を名刺入れに重ねてテーブルの上に置きます。
このとき、名刺を置く位置は自分の『左側』にします。
お茶などの飲み物は基本的に右側に置かれるため、相手の名刺が間違って濡れてしまわないようにします。

相手が『複数人』の場合

相手が複数人いるときは、名刺を横並びに置きます。
ここで注意したいのは、
「一番上の役職の方の名刺を名刺入れにのせて、一番左側に置く」ようにします。
そして、左側から役職の高い順に並べます。
これが複数人の名刺をテーブルに並べるときの基本形です。
また、「相手の役職の順位が分からないとき」や「人数が多くて顔と名前が一致しないとき」は、相手側の席順で並べてもOKです。
特に初対面の人が多い場合は、名前と顔を覚えるのが大変なので、席順と同じにすることで覚えやすくなります。

こんなときどうする?

名刺交換に慣れていないうちは小さなことであたふたしてしまいがちです。
ここでは、名刺交換の場でありがちなハプニングへの対応をまとめました。
対応の仕方を知っておくことで、自分が実際にその状況になったときにも落ち着いてスムーズにその場を乗り切れるでしょう。

(ケース1)相手が先に名乗ってしまったら…

相手が先に名乗ってしまったら、「申し遅れました」と言って、名刺を渡します。
例:
相手 「私、□□株式会社の佐藤と申します。よろしくお願いいたします。」
自分 「お先に頂戴いたします。」
自分 「申し遅れました。私、○○株式会社の小林太郎と申します。」

(ケース2)刺交換のタイミングを逃したら…

慌てずにタイミングをみて、一言添えて名刺交換を始めましょう。
例:
「ご挨拶が遅れて失礼いたしました。私、○○会社の鈴木と申します」

(ケース3)名刺を忘れてしまったとき

「申し訳ありません。名刺を切らしておりまして」と言いましょう。
次に会ったときに必ず渡すようにします。
(番外編)そもそも名刺を持っていない場合
会社や立場によって、名刺を持たない人もいます。
そういった場合は、「ありがとうございます」と相手の名刺を受け取り、「名刺を持っていませんので、失礼します」と言いましょう。

名刺交換のNGマナー集

ここまで名刺交換のマナーを紹介しましたが、名刺交換にはまだまだたくさんの細かなマナーがあります。
あなたが普段行っている名刺交換がマナー違反していないか、下のリストをみてチェックしてみてください。
<名刺交換のNGマナー>

  • 名刺をポケットや財布から直接出す
  • 名刺入れ(名刺)をお尻のポケットから出し入れする
  • 訪問された側から先に名刺を差し出される
  • 折れたり汚れた名刺を渡してしまう
  • 座ったまま名刺交換をする
  • 両手が使えるのに片手で受け取ったり、渡したりする
  • 受け取った名刺に、その場で何かを書いてしまう

 

もし、ここに当てはまることがひとつでもあればすぐに改善して、正しいマナーを身につけましょう。
ビジネスや就職活動、オフ会など趣味での集まりの場で、相手に失礼のないマナーを守った名刺交換をすることで、スムーズな第一歩を踏み出しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる